【解決策を知ろう】目の下のたるみはクリームを使ってケアしよう

女の人

保湿とハリが主な対策

クリーム

早い時期からの対策が理想

目の周りは年齢による衰えや体の不調などが現れやすい箇所です。中でも目の下は皮膚が薄く、その変化がわかりやすいという特徴があります。目の下の悩みの中で多いのがたるみで、実年齢より老けて見えることが大きな要因となっています。そんな目の下のたるみに効果が期待出来るのがクリームで、その部位専用のクリームが特に期待出来ます。通称アイクリームと呼ばれ、目の下を始め目の周り一帯の特徴に合わせて作られています。主には保湿成分が使われているものが多く、セラミドやヒアルロン酸など有名です。そしてハリを改善する成分も配合されているものも多く、レチノールやビタミンC誘導体の他にも沢山あります。目の周りは瞬きなどよく動く箇所で、その影響からも乾燥しやすいことがたるみの原因の一因です。保湿やハリの成分は、そんな乾燥から肌を守り持続させることで効果を期待出来ます。使用のポイントは洗顔後に丁寧にぬり込むことで、速やかに浸透させることです。その為には浸透しやすいアイクリームが理想で、肌の表面の余分な汚れを取り除いた上にそのままぬったり化粧水で整えた後などにぬります。洗顔後は肌が無防備な状態になり乾燥を始め様々なダメージを受けやすいので、速やかにぬり込むようにします。その積み重ねで肌は徐々に潤いやハリを取り戻し、たるみも解消されると期待出来ます。使い始める年齢は目の下のたるみが顕在化しやすい40代前後が多いですが、潜在化しているそれ以前の年代より使い始めることで予防が期待出来ます。